検索
  • うめざわしゅん

TENET※ネタバレあり

トップが入れ替はり新たな政権が発足したわけだが閣僚の顔ぶれも輪をかけてアレで死臭が漂つてゐる。けどまァ死に体の日本をよく表してゐるのでさういふ意味では信頼できる指標といふべきかもしれない。テレビをチラ見したら提灯持ちの浪花節で溢れ返つてて🤮

話変はりますけど例の出版物総額表示のやつは消費税を永遠に撤廃して解決すべき案件だ。そもそも消費税3%とか抜かした時に死に物狂ひで抵抗すべきだつたなボストン茶会事件みたいに。所得税も最初はイギリスの戦費調達目的で課税対象は貴族だけのものだつたが税金なんて一回認めたら際限なく奪はれるやうになる。

本来「安い税金」か「安心の社会保障」かのトレードオフの間でどの辺にするかを民主的に決めませう、あたりが建前の筈だが今の日本は「上前たつぷり跳ねられるけど公的社会保障はゴミ、とりわけ弱者へのそれがザル」といふもはや住んでてもマイナスしかないレベル。金持ち既得権益層以外。

コロナに関してはもはや完全に健康弱者を不作為で殺しにかかつてをりメディアも大方それに乗つかつてゐる。大義名分は経済優先なわけだが経済的にも真綿で首を絞められるやうに窒息してゆくだけだらう。本当に困窮すると目先の利益しか追へなくなりそれによつてさらに状況が悪化するといふ負のループ。

ループと言へばTENETを見てしまひ数日回復できないほど脱力してゐた。予告の段階で、といふよりクリストファー・ノーラン監督といふ時点でもう自分が見るべきではないとわかつてゐたのに「IMAXで映画を見たい」といふ強い欲を満たすためにはまぁカラッポの映画の方がいいかもしれない、と思つてしまつた。全ては自分の浅はかさが発端なのだがあんな空虚が待ち受けてゐるとは予想できなかつたよ。

IMAXといふ映画の世界に入り込ませるために投入されたあらゆる創意工夫と熱意から作られた仕組みに対して、スクリーンに映し出されてゐるのは全てを水泡に帰する完全な無、といふ構造に終始目眩がやまず映画館を出た後も真空を嫌ふネット民が必死こいて「考察」で埋め尽くさんとしてゐるスペクタクルがまた虚ろで埋め尽くされた瓶詰地獄。

大体ざつくり言ふと、"もうすぐ自分が死ぬからついでに全世界巻き込んで死なうとしてるDV野郎に「そんなことに全世界を巻き込んだらいけないよ。メッ!」と叱りつける" といふだけの話だつたわけだが監督に同じこと言ひたいわ。おまへのヒロイズムに世界を巻き込むなと。

てゆーかなんかもう、いい大人になつて回文面白がつてるやつは大体アホ。

33回の閲覧

最新記事

すべて表示

秋津島サロン

ネポティズムとクローニズムの権化の如き政権がろくろく検査増強も医療整備もしないまゝ第二波に突入。何もしてねえんだからそりゃさうなるだらうつてことしか起きてないのに今更のやうに慌て出してゐるのは臍で茶が沸く茶番である。首相はのらりくらり逃げ回つては官僚作文を朗読してゐるやうだがせめて家に籠つて嫁と犬でも撫でてりゃいいものをGoToだのオリンピックだの余計なことばかり進めやがるので害しかない。日本医師

scrap and build

ベタベタした粘着質の諸々の欲望に取り囲まれた中心にゐるのが「自己」といふのが直観的な感覚だが実際に中心にあるのは無。ドーナツの穴であり空。物質がなくなれば消滅する錯覚なので、ならばドーナツ部分こそ自分では?と思ひたくなるがそこに一切関与できないのに何故それが「自分」と言へるのか謎だ。自分の欲望は自分とは一致してゐない。(自分の欲望は自分とは一致してゐないと思ひ始めたらおめでたう、患者の仲間入りだ)

『ダーウィン事変』

本日発売の月刊アフタヌーン8月号にて新連載開始しました。 『ダーウィン事変』第1話無料で読めます。 お好きなフォーマットへどうぞ↓ ・モアイ(月刊アフタヌーン公式) ・note ・ニコニコ漫画 ・pixiv 藪から棒だが最近は「ハーフ」といふ言葉を使ふのが避けられてゐるさうな。 実はおれもハーフつて言葉昔から好きぢやないといふか使ひにくいんだよな。自分が当事者なわけではないんだけど「○人と△人のハ