検索
  • うめざわしゅん

scrap and build

ベタベタした粘着質の諸々の欲望に取り囲まれた中心にゐるのが「自己」といふのが直観的な感覚だが実際に中心にあるのは無。ドーナツの穴であり空。物質がなくなれば消滅する錯覚なので、ならばドーナツ部分こそ自分では?と思ひたくなるがそこに一切関与できないのに何故それが「自分」と言へるのか謎だ。自分の欲望は自分とは一致してゐない。(自分の欲望は自分とは一致してゐないと思ひ始めたらおめでたう、患者の仲間入りだ)

その正体は快を得て不快を避けるだけの神秘もクソもない本能でありそれが約束するのは破滅する未来だけである。その袋小路から抜けようと私たちはおそらく他在に向かふが他在も全く同じ「無」を核とした妄想の塊なので破滅はより悲惨なものとなる。違ひは、他在と合はさり出来上がるイリュージョンは偶然の要素も組み入れ実質無限になるといふことだ。ここに一分の隙間がある?

自他を静的、固定的な何かとして捉へたときに関係は破滅への一歩を踏み出す。まづ動的なもの形のない無限に柔らかいものとしての自我が要る それを何にも繋がらないatomとして終はらせてはいけない。覚者になるか精神病院に行くことになる(どちらも御免だ!)

原子を縛る鎖はないが自由もまたない。偶然のみに支配されたところに自在は存在しえない。奴隷ではなくなるかもしれないが解放の可能性もゼロに。自我を完全に解体して組み立て直す。

ここでやうやく我々は属性、言葉、社会構築物である諸々の概念を桎梏ではなく解放の足場としなくてはならないことに気づく。

それら概念にこちらが客体化されずに相対的なツールとして操ること。精神の政治学として。「絶対」といふ仮構をテコの支点とすることで現実の中で「私」の座標をリアルタイムで知る。現前する生の実践の中で「私」を明らかにすること。これには無意識による絶妙なバランス感覚とセンスが必要だ。

刃の切先で軽やかにダンスを踊ること。


28回の閲覧

最新記事

すべて表示

TENET※ネタバレあり

トップが入れ替はり新たな政権が発足したわけだが閣僚の顔ぶれも輪をかけてアレで死臭が漂つてゐる。けどまァ死に体の日本をよく表してゐるのでさういふ意味では信頼できる指標といふべきかもしれない。テレビをチラ見したら提灯持ちの浪花節で溢れ返つてて🤮 話変はりますけど例の出版物総額表示のやつは消費税を永遠に撤廃して解決すべき案件だ。そもそも消費税3%とか抜かした時に死に物狂ひで抵抗すべきだつたなボストン茶

秋津島サロン

ネポティズムとクローニズムの権化の如き政権がろくろく検査増強も医療整備もしないまゝ第二波に突入。何もしてねえんだからそりゃさうなるだらうつてことしか起きてないのに今更のやうに慌て出してゐるのは臍で茶が沸く茶番である。首相はのらりくらり逃げ回つては官僚作文を朗読してゐるやうだがせめて家に籠つて嫁と犬でも撫でてりゃいいものをGoToだのオリンピックだの余計なことばかり進めやがるので害しかない。日本医師

『ダーウィン事変』

本日発売の月刊アフタヌーン8月号にて新連載開始しました。 『ダーウィン事変』第1話無料で読めます。 お好きなフォーマットへどうぞ↓ ・モアイ(月刊アフタヌーン公式) ・note ・ニコニコ漫画 ・pixiv 藪から棒だが最近は「ハーフ」といふ言葉を使ふのが避けられてゐるさうな。 実はおれもハーフつて言葉昔から好きぢやないといふか使ひにくいんだよな。自分が当事者なわけではないんだけど「○人と△人のハ