検索
  • うめざわしゅん

副作用

個人も社会も国家も切羽の際に本性といふのは露はになるものだなァとつくづく思ひ知らされる連日。

今回は偶々ウイルスが一気に我がニッポンの欺瞞やら偽善やらを引つ剥がした形だが、腐臭を放つ本性は元々ずつとそこにあり何一つ変はつてゐない。今更になつて臭い臭いと鼻をつまみ出したつて、え?ずつとこの悪臭だつたけど何言つてんの?としか。

だがそれはまだマシな方で驚くのは「いや日本は臭いとは言へない、他国の方が臭い」などと平気で宣ふ連中の多いことでテレビなどを見てゐるとどいつもこいつもコロナ騒ぎに浮き足立つてゐるやうにも見える。といふか「嬉々として」ゐる節さへ伺へる。

それもその筈、挙国一致が大好きな連中がウヨウヨゐるので「非国民」を難じて憂へたり感動したりできる絶好の機会といふわけ。勘違ひしてはいけないのは日本国民は「自粛」は大好きでも「真剣さ」は皆無といふことだ。他人の目を気にして自粛し、足並みを揃へない人間を見つけては叩いてゐるだけで誰も真剣になどなつてゐない。

結果として、多様性だのなんだのといふ普段の建前は吹き飛び、皆一緒でなければ気が済まない、といふ気違ひじみた「和」の圧力と裏返しの差別心がコロナ退治を大義名分に溢れ返ることとなり、この地獄つぷりを前にすると新参のウイルスなんて目ぢやない。

唯一の望みといへば忌々しい東京オリンピックが中止になることくらゐだが、自主的にそんな判断できる国家なら原爆二個も落とされる前に戦争も中止できてただらうな。

政治家連中とオリンピックに一枚も二枚も噛んでゐる企業は、やはり先の戦時同様に利権とサンクコストに目が眩んでまともな判断を下せないので、仮に(幸運にも)中止することになつたとしたらそれはどうせ外圧による時だけに決まつてゐる。






…と

例へば上記のやうな怒りを感じるや否や、最近はすぐに決定論に飛びつくことにして居り、結局は誰もが単なる操り人形なのだといふ「無益な真実」へと逃げ出すことにしてゐます。

それといふのも自分の感情があまりにも負担なのでメンタルが潰れさうになるからだ。これは割と効果的な精神安定剤となる一方で「仕事をする気が全然起こらなくなる」といふ重大な副作用がある。まあそれはそれでおれの本性なんだらう。仕方ない。

さういふ怠惰なおまへにも市民として責任の一端があるとか共犯だとか言はれたら、そりゃまあさうですね。でもその前に聞かせてほしいのは一体いつ俺が「市民」なんぞになることを諾なつたのかといふことだ。

どの道この国は凋落してゆくだけだらうし、ウイルスがそのスピードをおそらく少し早める手伝ひをするのを離人症のやうな気持ちで眺めてゐる。

0回の閲覧