検索
  • うめざわしゅん

ぐるぐる

人間であることからの逃避が常にオブセッションだつたが歳を重ねるにつれ人間であることどころか日本人であることから逃げるのすら困難になつてきた。

コロナ禍で物理的に逃げ出すのが厳しくなつたといふのもあるが、それ以上に日本といふ外的環境に適応すべくハード(脳)が配線してきたニューロンが自分自身を縛りつけてゐるのだ。

意識と生活の面では完全に日本社会に不適応なのだが無意識下で脳が勝手に環境に適応してきたことによる習性と認知バイアスから逃れるのは並大抵のことではない。

一番わかりやすく歪んだフレームは母語(日本語)だが他にも多くの遺伝子のスイッチのオンオフが決定されて不可逆的な変化が蓄積されてゐる筈。

この文化的刷り込みと手を組んで同じくらゐの強権を発揮してくるのが幼少~青年期の家庭環境だらう。

この文化と生育環境との二重の呪ひによつて認知と思考が完全に制約されてゐる。

といつて他文化や他者の中に何かしらの自由があると信じてゐるわけでもない。今とは異なるマトリックスが手に入つたとしてもそれは夢から覚めた夢を見るだけだらう。

純粋なfreethinkingは夢想だ。しかしfreethinkerであらうとし続けることは依然おれには重要だ。

制約を超えるには先づ絶対的に人間でなくてはならない。ループする思考。



0回の閲覧