検索
  • うめざわしゅん

ぐるぐる

人間であることからの逃避が常にオブセッションだつたが歳を重ねるにつれ人間であることどころか日本人であることから逃げるのすら困難になつてきた。

コロナ禍で物理的に逃げ出すのが厳しくなつたといふのもあるが、それ以上に日本といふ外的環境に適応すべくハード(脳)が配線してきたニューロンが自分自身を縛りつけてゐるのだ。

意識と生活の面では完全に日本社会に不適応なのだが無意識下で脳が勝手に環境に適応してきたことによる習性と認知バイアスから逃れるのは並大抵のことではない。

一番わかりやすく歪んだフレームは母語(日本語)だが他にも多くの遺伝子のスイッチのオンオフが決定されて不可逆的な変化が蓄積されてゐる筈。

この文化的刷り込みと手を組んで同じくらゐの強権を発揮してくるのが幼少~青年期の家庭環境だらう。

この文化と生育環境との二重の呪ひによつて認知と思考が完全に制約されてゐる。

といつて他文化や他者の中に何かしらの自由があると信じてゐるわけでもない。今とは異なるマトリックスが手に入つたとしてもそれは夢から覚めた夢を見るだけだらう。

純粋なfreethinkingは夢想だ。しかしfreethinkerであらうとし続けることは依然おれには重要だ。

制約を超えるには先づ絶対的に人間でなくてはならない。ループする思考。



70回の閲覧

最新記事

すべて表示

TENET※ネタバレあり

トップが入れ替はり新たな政権が発足したわけだが閣僚の顔ぶれも輪をかけてアレで死臭が漂つてゐる。けどまァ死に体の日本をよく表してゐるのでさういふ意味では信頼できる指標といふべきかもしれない。テレビをチラ見したら提灯持ちの浪花節で溢れ返つてて🤮 話変はりますけど例の出版物総額表示のやつは消費税を永遠に撤廃して解決すべき案件だ。そもそも消費税3%とか抜かした時に死に物狂ひで抵抗すべきだつたなボストン茶

秋津島サロン

ネポティズムとクローニズムの権化の如き政権がろくろく検査増強も医療整備もしないまゝ第二波に突入。何もしてねえんだからそりゃさうなるだらうつてことしか起きてないのに今更のやうに慌て出してゐるのは臍で茶が沸く茶番である。首相はのらりくらり逃げ回つては官僚作文を朗読してゐるやうだがせめて家に籠つて嫁と犬でも撫でてりゃいいものをGoToだのオリンピックだの余計なことばかり進めやがるので害しかない。日本医師

scrap and build

ベタベタした粘着質の諸々の欲望に取り囲まれた中心にゐるのが「自己」といふのが直観的な感覚だが実際に中心にあるのは無。ドーナツの穴であり空。物質がなくなれば消滅する錯覚なので、ならばドーナツ部分こそ自分では?と思ひたくなるがそこに一切関与できないのに何故それが「自分」と言へるのか謎だ。自分の欲望は自分とは一致してゐない。(自分の欲望は自分とは一致してゐないと思ひ始めたらおめでたう、患者の仲間入りだ)