検į´ĸ
  • うめざわしゅん

2+2=5đŸ‡¯đŸ‡ĩ

éŊĸを重ねるãģおãĢæ­Ŗæ°—ã‚’å¤ąã‚ãĒいでį”Ÿãã‚‹ã“とぎ困é›Ŗさを思いįŸĨらされる。

チェ゚ã‚ŋトãƒŗはč„ŗį—…é™ĸぎæ‚Ŗč€…ã§ã„ã‚‹ã“ã¨ã‚ˆã‚Šã‚ˇãƒŖバでæ­Ŗ気でいることぎãģうがずãŖと゚ãƒĒãƒĒãƒŗグだと書いãĻいた。全くそぎ通りだ。

ä¸æĄį†ã¨į‹‚æ°—ãĢæē€ãĄãŸä¸–į•Œã§2+2=4だとčĒč­˜ã—įļšã‘ること。



158å›žãŽé–˛čĻ§0äģļぎã‚ŗãƒĄãƒŗト

æœ€æ–°č¨˜äē‹

すずãĻ襨į¤ē