検索
  • うめざわしゅん

皆うんざりだらうし何かコロナ以外の話題でも

と思つたけど気晴らしでやつてる過疎ブログでそんな配慮する義理もなかつた。ここのところインプットがコロナ関連だけだから吐き出しておかんと。

先づコロナに負けるなとか勝つとか闘ふとかほんと完全に芯からズレまくつてると思ふし普通に比喩的表現としても認知的なバイアスかかるだけだからやめた方がいい。


ウイルスは自然法則にしか従はないのでむしろ平身低頭COVID-19に教へを乞うて性質を正確に知るほかない。それが自然科学の基本的な態度で科学者はさうしてゐる筈だし、医療はその科学的なエビデンスに基づいて決まる。

それに先んじて人命と人権に対する配慮があるべきであり、政治的意思決定は一番最後。それらを十分鑑みて慎重に考慮した上で行はなければならない、、

筈のにハナからずーーーーーつと順番が真逆。

政治の都合ありきでそれに向かつて全て帳尻合はさうとしてるんだから対策が何もかも見当を外して明後日の方を向くのはあまりに当然の結果だ。

国民の命も権利も守らうとする意思が全く無いのが見え見えなのに「自粛要請」だけしてもすぐ限界くるに決まつてゐる。


皆さん家にいませうステイホームあなたの大切な人が感染するかもしれません云々かんぬん、、

心底不快なんだよな。人質かよ。官民問はず「民衆は丁寧に啓蒙するより脅した方が早い」つて感じのエリート意識プンプンで我慢ならない。大体「大切な人」とやらがゐない人間は山ほど存在するから。それ自体は一切責められる謂れはないけど、さういふ人間の存在が見えてない。

とにかく現在溢れかえる注意喚起のほぼ全部が、モラルと同調圧力に任せて失策を国民に責任転嫁しようとする政治屋を利するものにしかなつてない。

しかし今が「準戦時体制」と言へるのは確かで、さういふ意味で戦争に擬へるのは正しいかもしれない。

そして先の戦争から得られる有益な教訓といへば、戦時に最も警戒すべきなのは敵国ではなく自国政府、次点で自国民といふことだ。


検査を絞りまくることで国民が現状を正確に判断できないといふ今の状況は半ば意図的に作られた情報統制だらう。

オリンピックその他政治優先で後手に回りまくつた上に隣国に対する差別意識から何も学ばずまともな検査・医療体制を整備してこなかつたのは確かだが、今は国民に「目隠し」をしておく利点をよく分かつて利用してゐる。

政策の正否を判断する根拠となるまともな情報がないのだから、結果的に運良く惨状が広まらなければ政府の手柄、事態が悪化すれば自粛に従はなかつた国民の責任、といふ算段だらう。

だから感染者やパチンコ客や街に出歩く人々、自粛しない店を挙つて叩けば叩くほど政権にとつて都合の良いスケープゴートとなる。

相互監視と非国民叩き。「ほしがりません勝つまでは」

臣民だらけだからそこそこうまく行くんだよなこれが。表面上だけは。まさに破れ鍋に綴じ蓋。

戦争は国家の栄養であつて実際この非常事態から利益を掠めようとする輩がわらわら湧いてゐる状況で、政治家を「応援」して美談と浪花節に酔ふなんて正気の沙汰ではない。

しかし当面危ふいのは杜撰な小汚ないマスクよりやはりオリンピックだ。中止ぢやなく延期としたことでまたそれに合はせて何もかも歪めてくるに決まつてる。いやもう歪めだしてゐるだらう。

おれはコロナ云々関係なく元々オリンピックパラリンピックの存在そのものに反対だしこの機会に消滅してほしい。運動会はやりたいやつと見たいやつだけが金出してやればいい。


とにかくはつきりコロナと自国政府どちらからも身を守る、といふ二正面作戦を意識すべきだらう。

衛生観念だけでは足りない。

57回の閲覧