検索
  • うめざわしゅん

横っ飛びで

初めは認知的暗点に光を当てていた筈が根本をスルーして雑に使う人間が増えたせいで、もはやその言葉を見るのすら嫌になってしまう、そんなワードってありますよね(例 「寄り添う」

でもそういう擬態が多いワードは増えていく一方で俺も適当に使ってしまったりする。沈黙を貫けないのならせめて避けたい言葉は避けるなり精度を高めないといけないと思いつつ最近は頭の働きが頗る悪い。不用意な言葉遣いをしてしまった時より死にたい時って他になくない?

急激な気温の変化やら爆弾低気圧やらに加えニュース見りゃ気が滅入るし加齢で溜まった疲れもとれず、挙句飲めない酒に睡眠薬という昭和の文豪みたいな眠り方をして居るのが原因でしょう。起きたら冷たくなって発見されないかな〜という一縷の希望を毎日打ち砕く無慈悲な朝日。

さて私は諸々どこまで避けきれるのでしょうか。いっそ静かなるドンの小林のように「よ、よけきれん!」と見事な最期を迎えたいものである。

64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

文明礼讃

デジタルで作画するようになって結構経つがフルデジタルにすると紙の原稿がなくなってしまうのがどうも心許ない。無意味な感傷といえばそうなんだけど。でも個人的に漫画家の原画展とか行くのは好きなんですよね。作家の息遣いまで聞こえてくるようで生原稿はほんとエロくて良い。漫画は複製芸術だが原本それ自体もアートであるような作品は存在するのでデジタル化が全て良いとは一概には言えませんよね。 まあでも俺の原稿にはそ

出たよ